​祭典行事

1月1日  歳旦祭
国民の繁栄と五穀豊穣を祈願するお祭りです。


1月7日・15日  どんど焼き・古神札焼納祭
古いお札・お守・正月の松飾り・注連縄などをお祓いし御神火によって焼納するお祭りです。


2月3日  節分祭・豆撒き式
ご神前にて厄除け祈願を行います。(午前10時~午後5時)
豆撒き式(午後3時半より境内にて)豆撒きを行い、1年間の無病息災を願います。


8月中旬  祖霊祭
先祖のお御霊に対して感謝を捧げ、今後もお守をいただくよう祈念するお祭りです。


9月14日  宵宮祭
神幸祭、前夜のお祭りです。


9月15日  神幸祭
伊達神社で行われる祭典の中で最も重要なお祭り。一日を通してお神輿渡御が行われます。


10月~11月  七五三詣
神様にお子様が今まで無事に過ごしてきたことに感謝し、今後も健やかに成長することをお祈りします。
本来は11月15日に行われるのが一般的ではありますが、北海道では気候の関係から、一か月早い10月15日に行う習慣もあります。


12月31日   師走大祓
1年の内についてしまった心身の罪穢れを人形に移して、お祓いをいたします。


毎月1日  月次祭
国民の安泰と繁栄、また地域の皆様の平和を祈るお祭りです。