​初宮詣・七五三詣

初宮詣

 初宮詣は生まれて初めて行う人生儀礼の行事です。赤ちゃんの誕生と健やかなる成長を願って神様に感謝しご報告いたします。また誕生後に初めて神様にお参りすることで、ただ単にお宮参りとも呼ばれています。

 時期につきましては、地方によって様々ではありますが一般的に生後1か月ほど(男子は31日目・女子は33日目)頃にお参りされるとよいでしょう。

七五三詣

 七五三詣とは3歳・5歳・7歳のお祝いの行事で、お子様が元気に健康に成長できたことの感謝を神様に奉告し、これからも健やかに成長できるようにとお祈りいたします。

 一般的に男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の節目に晴れ着をまとって、ご家族様やご親族様とお参りされます。

 本来は11月15日に行われるのが一般的ですが、北海道では気候の関係もあり10月15日に行う習慣もあります。

 また、15日にこだわらず都合の良い日にお参りされるとよいでしょう。